歯科関連製品:だいちゃんシリーズ

ダウエルピンが植立された模型台(だいちゃん)に印象模型を接着し、セパレートするだけで作業模型を完成させることができます。
従来法による可撤式模型の製作時間と比較すると1/3になるため、大幅な時間の短縮となりコスト削減を実現します。

だいちゃんシリーズ一覧

  • だいちゃん
    だいちゃん (グレー×イエロー)
    ・等間隔のダウエルピンを5本配置
    ・単冠向き

  • だいちゃんII
    だいちゃんII (グレー×ホワイト)
    ・間隔をずらしたダウエルピンを6本配置
    ・連冠対応可、咬合器装着用羽付き

  • だいちゃん全顎用
    だいちゃん全顎用 (グレー×イエロー)
    ・ダウエルピンを14本配置
    ・片面カットピンを使用

  • だいちゃん全顎用L
    だいちゃん全顎用L (グレー×ホワイト)
    ・ダウエルピンを14本配置
    ・プレートが広くなったことで適応症例が増加
    ・両面カットピンを使用し回転防止の効果向上

  • プラスチック台
    プラだいちゃんF (グレー×イエロー)
    ・石膏基台 当社超硬質石膏を使用
    ・プラスチック全顎プレート
     熱変形の少ない樹脂を使用

  • だいちゃんボンド
    だいちゃんボンド 
    ・強固な接着力と余裕のある硬化時間が特長
    ・ゼリー状で垂れにくく流れないため、
     垂直面でも使用可能です

用途

貼付け式模型台

特長

<だいちゃん、だいちゃんⅡ、だいちゃん全顎用、だいちゃん全顎用L>
1.作業時間の短縮    ダウエルピンの植立と維持溝を開ける必要がありません。
2.緻密性        石膏の硬化膨張の影響を受けないため、緻密な模型を製作できます。
3.環境にやさしい    作業時に石膏を練る必要がなく、産業廃棄物の削減になります。
4.CAD/CAM冠にも対応 プラスチックを使用していないので、スキャニング時の反射によるエラーを軽減できます。

<プラだいちゃんF>
1.どこからでもセパレート可能 ダウエルピンを使用しない維持方式を採用しています。
2.熱変形しづらい       プラスチックプレートに250℃までの耐熱性のある特殊樹脂を使用しています。

包装単位

  • だいちゃん 50個入り

  • だいちゃんⅡ 50個入り

  • だいちゃん全顎用 30個入り

  • だいちゃん全顎用L 30個入り

  • プラだいちゃんF 30個入り

  • だいちゃんボンド 20g入り

使用方法

<だいちゃん、だいちゃんⅡ、だいちゃん全顎用、だいちゃん全顎用L>
1.歯列模型の基底部をトリマーで平滑に切削します。 ※基底部が平らになっていないと、接着時に外れる可能性が高くなります。
2.ノコを入れる部分に目印(ライン)を記入します。
3.セットアップ前に「支台歯」とピンの位置を確認します。ピンが見えない場合は回転防止溝を目印にします。
4.ゼリー状瞬間接着剤(だいちゃんボンド)を模型底面に薄く均一に塗布します。
5.ピンの位置を確認し、模型をだいちゃんに貼り付けます。
6.はみ出した瞬間接着剤を硬化促進剤で固めます。
7.接着剤の硬化を確認し、ノコで模型をセパレートして完成です。

<プラだいちゃんF>
1.歯列模型の基底部をトリマーで平滑に切削します。 ※基底部が平らになっていないと、接着時に外れる可能性が高くなります。
2.基底部が平らになっていることを確認し、プラだいちゃんFに合わせて模型をトリミングします。
3.ゼリー状瞬間接着剤(だいちゃんボンド)を模型底面に薄く均一に塗布します。
4.ピンの位置を確認し、模型をプラだいちゃんFに貼り付けます。
5.はみ出した瞬間接着剤を硬化促進剤で固めます。
5.接着剤の硬化を確認し、ノコで模型をセパレートします。
6.小槌で軽くたたいて歯台を抜きます。

  • 1.だいちゃんとだいちゃんⅡの違いは何ですか?開く

    ダウエルピンの本数と間隔が違います。
    だいちゃんは、5本で等間隔なので単冠向きです。
    だいちゃんⅡは、6本で中央部の間隔を狭めていますので、連冠にも対応可能です。(咬合器装着用羽付き)

  • 2.だいちゃん全顎用と全顎用Lの違いは何ですか?開く

    ダウエルピンの本数は14本で同じです。
    だいちゃん全顎用Lは、プレート部分を大きくしたことで、だいちゃん全顎用よりも対応症例が増えました。
    また、ダウエルピンに両面カットピン(だいちゃん全顎用は片面カットピン)を採用し、回転防止効果及び作業性が
    向上しています。

  • 3.だいちゃんに貼り付けた印象模型が外れてしまう場合がありますが、対処法はありますか?開く

    主な原因と対処法です。
    原因①接着剤が少ない。         →接着剤を接着面全面に薄く均等に塗ってください。
    原因➁印象模型底面が不陸となっている。 →不陸部分をトリマーで切削し、平面にしてください。
                         (確認方法:印象模型を貼り付ける前にガラス板に乗せる。)
    原因③スチーマーで過度の熱が加わった。 →洗浄の際は、スチームノズルを3cm以上離してください。
                         特にピン穴にスチームノズルを密着させての洗浄は避けてください。
    その他、接着をより強固にするため印象模型側にカーバイトバーで櫛引きを行い、接着剤と石膏の接着面積を増やす方法も
    有効です。

  • 4.ダブルピンタイプはありますか?開く

    ありません。
    すべてシングルピンタイプです。

  • 5.瞬間接着剤は、どこのメーカーのものがよいですか?開く

    だいちゃん専用のだいちゃんボンドがおすすめです。
    他社製品であれば、ゼリー状中粘度のものをご使用ください。

  • 6.プラだいちゃんFはすべて樹脂ですか?開く

    プレート部のみが樹脂となっており、基台部は石膏です。

  • 7.だいちゃん全顎用とプラだいちゃんFの違いは何ですか?開く

    だいちゃん全顎用は、ダウエルピンタイプです。
    プラだいちゃんFは、金属のダウエルピンを使用していないため、貼付け及びセパレートが容易です。
    更に、天板が特殊な樹脂で出来ており、基台部が石膏でできています。

  • 8.プラだいちゃんFのプレート部と基台部は分離できますか?開く

    使用前に分離することはできません。
    印象模型を貼り付け、セパレート後に小槌で叩きながら、その振動でプレート部を浮き上がらせ分離できます。

  • 9.プラだいちゃんFのプレート部のセパレート時にバリが発生しますか?開く

    プレート部の樹脂は切削性が高く、バリが発生しにくい種類を採用しています。
    万一、バリが発生した場合にはアートナイフ等で取り除いてください。

  • 10.プラだいちゃんFのセパレート時に注意点はありますか?開く

    基台部からプレート部を分離させる際は、基台部の舌面・口蓋面を軽くゆっくり叩きながら、浮き上がりの様子を
    確認してください。
    基台部は超硬質石膏を用いていますが、一点を激しく叩くと割れる可能性があります。

  • 11.だいちゃんボンドの中身は何色ですか?開く

    無色透明です。

  • 12.だいちゃんボンドの保管方法を教えてください。また使用期限はありますか?開く

    冷暗所で保管してください。
    開封後は、使用毎にキャップをしっかり締め、1ヶ月以内に使い切ってください。
    未開封でもご購入後2年以内のご使用を推奨しています。

  • 13.だいちゃんボンドは20g以外の容量はありますか?開く

    ありません。

  • 14.だいちゃんボンド付属のノズルのみの販売はありますか。開く

    ありません。

  • 15.だいちゃんボンドは他社の模型台にも使用できますか?開く

    ご使用いただけます。

  • 16.接着時に押し出された接着剤は拭き取る必要がありますか?開く

    後の操作に支障がなければ拭き取る必要はありません。
    余分に押し出された接着剤も接着強度を向上させる効果があります。
    ただし、押し出される量が多すぎると硬化促進剤の効果が接着面に伝わるまで時間がかかってしまうため、
    塗りすぎには注意が必要です。

  • 17.模型が乾燥している、または湿っている場合、接着効果に影響がありますか?開く

    どちらでも問題ありません。
    石膏模型の乾燥状態が接着強度へ大きく影響することはありません。
    ただし、過度に濡れていると接着剤の石膏への浸透が少なくなり、初期の接着強度が低下することがあります。

  • 18.接着後どの程度時間が経てば分割作業に入れますか?開く

    硬化促進剤を使用して15分経過すれば接着剤は硬化しています。
    乾燥するにしたがって強度は上がりますが、これは石膏の強度が上がるためです。