特殊石膏:ジプストーンGH

SAN ESU GYPSUM 100th Anniversary. Aiming for the 200th anniversary of our founding.

特殊石膏:ジプストーンGH

膨張率0.5%の高膨張タイプの歯科用硬質石膏です。
総義歯のアクリルレジン収縮による精度低下を防止する高膨張の模型が作製できますので、レジン床義歯の適合を向上できます。

特殊石膏:ジプストーンGH

用途

レジン床総義歯模型製作用、ノンクラスプデンチャー製作用 

特長

1.0.5%の高膨張    膨張率が従来の歯科用硬質石膏0.2%より大きな0.5%です。            
2.レジン床複模型用   レジン床総義歯の作業用模型として利用した場合、レジンの収縮を補償して、適合の良いレジン床を製作できます。
              作業性は、従来の歯科用硬質石膏と同様で、各種印象材に対し滑沢な模型が得られます。
            埋没用にはニューレックスや耐圧石膏MF(低膨張タイプ)と組み合わせることで、より適合の良いレジン床を製作できます。
3.熱可塑性樹脂対応   金属を使用しないノンクラスプデンチャーなら印象模型としてご使用いただけます。
4.色調         ライトグリーン
*1)アクリルレジンは重合時に0.4~0.6%収縮します。この収縮の多くは重合後も歪みとして残っています。
作業用模型からレジン床をはずした後、再度作業用模型に戻す場合にきつく感じるのはこのためです。
この収縮分を0.5%の高膨張で補償するため、粘膜面への精度・口蓋部の密着性が良くなります。
*2)高膨張石膏の作業用模型でレジンの重合収縮を補償したロウ義歯を製作後、埋没用には低膨張石膏を利用することで、
人工歯の浮き上がり・移動を少なくできるため咬合の精度を改善でき、より適合精度の高いレジン床を製作できます。

物理性能

混水比

0.23

硬化時間

10分

線硬化膨張(%) <2時間後>

0.50

圧縮強さ(MPa) <1時間後>

37

包装単位

  • 3kgアルミ袋化粧箱入り

用法・用量

1.粉末100gに対して水23mlが標準です。操作に支障のない限り水量を少なくすると、より強度・硬度の大きい模型が得られます。
2.練和時間は、真空機械練和では30秒、手練和では60秒が適切です。

ジプストーンGHのQ&A

  • 1.部分床(パーシャルデンチャー)には利用できませんか?開く

    高膨張石膏は不向きです。部分床の場合、基本的には金属製の維持装置(例:クラスプ)が付属しているためです。

  • 2.レイニングシステムでは、樹脂の重合収縮がないのに、何故ジプストーンGHを利用した方が適合が良くなるのですか?開く

    レイニングシステムでは、100%重合したポリマーを300℃で軟化して、室温の型へ射出成型します。
    射出成型された樹脂が、室温まで冷却される間の温度収縮を補償するのにジプストーンGHが有効なのです。一方イボカップシステムでは、重合収縮と温度収縮とが影響し、これらの補償にもジプストーンGHが有効です。

  • 3.ジプストーンGHの硬化膨張は、横方向・縦方向均一にしますか?開く

    均一ではありません。ただし、この傾向は通常の硬質石膏でも同じです。
    印象材に邪魔をされる横方向は小さく、抵抗のない縦方向は大きくなることが確認されています。
    均一膨張を得るコツは、印象材を柔らかいものにし、印象からの取り出しを出来るだけ早く行うことです。

  • 4.硬化膨張を調整することは出来ますか?開く

    他の石膏と混合することによって、調整することは可能です。下記の表を参考に調整して下さい。

    GH混合表

届出・認証番号

2023年06月30日迄  27B2X00022000020
2023年07月01日以降 28B2X10037000020